梅田 美熟で痴的なご奉仕奥さん

このブログではマッサージ+抜き有りのような順序で比較的マッサージメインのお店について書いている事が多いです。でもこの風俗+マッサージというのは結構人気ジャンルのようで、本来ヘルス的サービスがメインでそれにマッサージ要素を付け加えたといった逆側から始まって似たような形態になっているお店もあります。

例えば、あのリッチドールグループが系列として立ち上げているリッチドールスパなんかはその典型的な例のように思います。谷町九丁目あたりにある出張タイプの回春メンズエステなどもこっちよりのお店が多い印象。

基本はマッサージがメインで抜きはあくまで付け足しのお店のほうが好みなのですが、趣味嗜好は時に応じて変わるもので、たまにはほぼヘルスみたいなサービスを体が欲する時期というものがあり、たまにはこっち系のお店を選択する事もあります。

そういったお店では、けしてマッサージに力を入れているわけではないのにやたらとうまい嬢がいたりして、そんな人に当たればかなりラッキーです。そういえば大昔、阿倍野にあるリッチドールに行った時、サービス後ちょっと時間があまり嬢にマッサージをしてもらったのですが、それがやたらと上手でこっちの時間がもっと長くてもよかった、なんて事もありました。

さて、今回行ってきたのは梅田にある「美熟で痴的なご奉仕奥さん」。店舗型ではなく、ホテルや自宅に出張してきてもらうデリバリー型の風俗エステ。

ここは元々、谷九の人妻風俗エステでおなじみの「回春堂」の系列。回春堂といえばもう10年以上続いているデリ型風俗エステとしては老舗中の老舗といっていいところなので、行った事はなくても名前を聞いた事がある人は多いでしょう。かくいうこちらもいつかとは思いながらもまだ利用した事がありません。

「美熟で痴的なご奉仕奥さん」は、お店ができたのが今年(2016年)の5月から6月頃らしく比較的新しめのお店。母体を回春堂として別部門のような感じで立ち上がったお店のようです。

在籍している嬢はそれぞれ別ですが、待機部屋が一緒なんだとか。

違いはこちらが「大阪熟女エステ」とホームページに押し出しているように、嬢の年齢層が高めです。いわゆる熟女風俗に該当します。とはいえ、何となく回春堂も年齢層高めの嬢がそこそこおられたようなイメージがありますが、そのあたりどうなんでしょう。でもまあ、熟女専門の風俗エステはこちら。

ついでにいうと回春堂はオイルマッサージがありますが、「美熟で痴的なご奉仕奥さん」はオイルマッサージがありません。また回春堂は施術中のトップレスがオプション(+2000円)ですが、「美熟で痴的なご奉仕奥さん」はデフォルトで無料。

その他いろいろ違いはあるのだと思います。でも回春堂を利用した事がないので、詳しい事はわかりません。

付け加えていえば「美熟で痴的なご奉仕奥さん」という店名が長くて全然覚えられません。さすがにお店のほうでもフルネームが呼びにくいのか「美熟(びじゅく)」と略して呼んでいたので、通称はそちらにしておくほうがいいような気がします。

待ち合わせをしてホテルへ向かって、という手間が面倒なので普段はほぼ店舗型以外を利用する事がないです。しかし今回はなんとなくネットを彷徨っているうちに美熟に行き着き、興味がわいてきたので行ってみる事にしました。

待ち合わせ型というのが本当に利用しないので、仕組みがよくわからずまずはこのお店のホームページで流れを確認。なんかいろいろキャンペーンもやっているようですがそのあたりはスルー。というか元々ここは料金が安いです。

手順は、お店に電話して時間を決めてホテルの近くで待ち合わせ。なお自宅への出張もやっているそうです。サービス内容はシャワーによる洗体→性感マッサージ→ゴムフェラ→ハンドで終了→全身マッサージという流れ。

なお施術中のセラピーはトップレスにTバック姿。オプションでオールヌードもあり。9/24までキャンペーンだそうでホテル代や入会金もかかりません。例えば60分9000円のコースを選んだとしたら必要なのは9000円ポッキリ。

さて、早速店にお電話。
時間を決めて梅田の指定の場所で待ち合わせです。

時間になると嬢より非通知で電話がかかってくるのでそれでお互いを確認。それもあるので携帯の非通知着信設定を有効にしておく必要があります。

ホテル近くの待ち合わせ場所で今回担当の嬢と対面。
小柄な熟女ですが、服を着ている状態でも腰回りの肉付きがむっちりとしているのがわかり、あ、これは結構当たりなのかもと期待させてくれる人でした。

接客どうこうに関しては、数々の中華エステや韓国エステに比べてはるかに良いです。熟女系風俗なので当然と言えば当然なのですが、タイマーできっかり時間を計るので時短もありませんし言葉使いもちゃんとした敬語。各種アジアンエステのそのあたりの適当さを味わってくると、和風エステは安心感が違いますね。もちろんあちらはあちらで良さというのはあるのですけれども。

ホテルの部屋へ入り、お互い服を脱いで早速シャワーへ。
こっちが先に脱ぎ終わったのでなんとなく服を脱ぎつつある熟女嬢を眺めながら待っていました。

そんなに背の高くない嬢ですが、色白で肌もしっとり。特に程よく肉付いた腰回りについつい目が奪われます。脂肪の程よく乗った腰から下半身へと続く見事に実った熟尻。お尻から太ももにかけてはぽちゃっとした肉の付き方ではなく、アスリートを思わせるようなみっしりと中身が詰まってそうなたくましさすら感じます。

見ている間に嬢も全裸になり、案内されてユニットバスへ。
二人で浴槽の中に立ち体を洗ってもらいます。前も後ろもタオルを使わず嬢の手による洗体。9月といえどもまだ蒸し暑いなか汗ばんだ体がすっかりと洗い流されていきました。

洗い流されてすっきりとしたところで体を拭いてもらいベッドへ向かいます。待っていると遅れてシャワーから出てきた嬢が新しくTバックを取り出し身に付けました。たっぷりとしたお尻にぴったり食い込むTバックは本当に良く似合います。間近で見るのはもう少し先におあずけ。

ベッドの上に寝転がり、うつぶせになって待機。失礼します、と嬢が後ろから跨がってきました。チュウっという音とともに背中に感じる嬢の唇の感触。リップサービスが開始されます。チュッと軽く吸われながらその内部で舌がクチュクチュと滑らかに蠢いている感触。それが背中一面のあちこちを動き回ります。あまり自分でも触れる事のない部分に温かい舌が這い回るので、身をよじりたくなる不思議な感覚になってしまいます。

背中全体を舐め回されたあと、仰向けへ。嬢が今度は乳首へ吸い付いてきました。啄むように乳首を口腔に含まれ、中で舌先で突いたりレロレロされたり好きなようにねぶられます。

そのままその舌先は旨全体から脇腹お腹へと移動。執拗なまでにあちこちを舐め上げられてこちらももうトロトロです。

舐め尽くした嬢が足元のほうまで移動し、こちらの右膝を曲げた状態で横へ開き4野路を描くような姿勢を取らされました。そして太ももの内側へキスの嵐。これを左右両方。内ももの敏感な部分を軟体動物のような舌と唇が這い回ります。

続いて睾丸の端をつまんで引っ張られ、玉袋の裏側を露出させられます。先ほどより一段と姿勢を低くしてそこへ顔を近付ける嬢。そしてねっとりと舌を這わせてきました。玉袋の裏、下から上へと何度も何度もその舌先で舐め上げてきます。

今度は舌先を硬く尖らせて、引き伸ばした陰嚢の裏へ押しつけてきました。その舌先が小刻みに左右へブルブルと振動し始めます。硬いのか柔らかいのか判別つきにくい固体を男の体の中でも特に敏感な部分に押しつけてピンクローターのごとく振動されるというのは今まで味わった事もなく、最初は何をされているのかわからなかったくらいです。

ひとしきり睾丸まわりを舐め回されたあと、嬢が何やらバッグの中をごそごそしはじめました。じゃあこれからゴムフェラね、と言いながら竿へコンドームを装着。

ここからシックスナインの体勢に移行です。Tバックのお尻を突き出してこちらの顔をまたぎながら、嬢より注意事項です。よくここのフェラでガマンできなくていっちゃう人がいるけど最後はゴムを外して手でするからそれまでちゃんと我慢してね、と。

最初は手で何度か擦り上げていたのがやがて柔らかなものが押しつけられ、ツツーッ、ツツーッと舐め上げられ、やがてカポッと呑み込まれました。口の中で深々と含まれ、その唇で幹の部分が丸く締め付けられ、その内部ではくちゅくちゅと舌が這い回っているの感触が伝わってきます。

かたや目の前にあるのは嬢の脂のたっぷりとのったお餅のようなお尻。シックスナインの姿勢で竿を咥えるために上半身を押し倒しているので、自然とお尻を突き出すような形となってしまい、その豊満さがより強調されています。

嬢本人も気にしているのか、お尻大きくてごめんね重いでしょ?と何故か謝られましたが、このどっしりとした重量感のあるデカいお尻こそ至高です。またそれなりに年齢もいかれていると思いますが、にもかかわらず肌がきれいで触っていても本当に滑らか。やはり人に見られる事の多い仕事をしているとこうなるのでしょうか。

いずれにしても本当に素晴らしい、いいですと心の中で思いながら半分くらい口からも出ていました。

それにしてもこういったボリューミーなお尻にはTバックがよく合います。色白のお尻の谷間、本来ならそこを覆っているはずの布地が下に行くにつれ布面積がどんどん細くなり、幅がせまくなり、場合によっては肉の谷間に埋没しかねないくらい。そのかなり深い部分が眼前へ突き出されている状態です。

オプションで完全に全裸になってもらう事もできますが、どうでしょう、こんな悩ましい臀部はTバックを履いていてもらったままのほうがよりエロいという気もします。悩ましいところ。

さっきまで撫でさすっていたお尻の肉をぎゅっと掴み直し、左右へ引っ張って押し広げてみました。引っ張られた尻肉に釣られ嬢の肛門も左右に引き延ばされます。Tバックの布地で覆いきれなくない、はみ出てこぼれ見えるアナルの皺。

細くてもはや紐状になっているTバックのクロッチ部分に指をひっかけ横にずらしてみます。嬢のきれいなシワを刻んだ尻穴が眼前にあらわれました。その下のもっと深い部分は姿勢的に視線が届きません。

ずらしたTバックを元に戻しその上から指でチロチロといたずら。モゾモゾとお尻を震わす嬢。そんな事をしばらく繰り返しているうちに時間も経ち、いよいよ最後のハンドでのフィニッシュが近づいてきました。

さきほどまでこちらの下半身へ覆い被さるようにしていた嬢が上半身を持ち上げ、少し移動しこちらの胸の上あたりへお尻を落ち着けます。竿を握り込み本格的な上下運動開始。

体重をかけぎゅっと力を入れると目の前の嬢のお尻の筋肉も身が入って固くなるのがわかります。ぐっと筋肉が盛り上がるのでそれに押されて吸い込まれるように谷間に消えていくTバックの布地。

とても素晴らしい眺めです。熟れた腰回りの肉が余ってしまい、パンツの上からはみでてTバックの上にぽにょんと乗っかっている光景すらエロいです。乗ってて重いでしょ、と片膝立ちになってお尻を浮かせる嬢。おかげで空間が空き、Tバックで覆われた秘部が丸見えに。

そんな光景を目の前にしながら搾り取られてしまいました。

さて、このお店の場合は性感マッサージ→普通のマッサージとなっています。ここで股間を拭いてきれいにしてもらい、うつぶせになって指圧マッサージがスタートします。

この抜かれた後の少しけだるい状態の時に受けるマッサージというのはかなり気持ちがいいです。アジアンエステでもこの順序でやってくれればいいのになと思う事が何度もあります。美熟ではその流れがデフォルト。実際、これはすごく良いです。

またこの嬢はそのボディラインからも結構筋肉のあるほうなんだろうなと思っていましたが、まさにその通りで指圧マッサージもなかなか力強く、普通にうまいといっていいレベル。

残念な事にこの時は60分コースを選んでいたため指圧マッサージのほうがそこまで時間がなく、気持ちいいなぁと思っている間に終わってしまいました。これは非常に残念。少なくとも70分以上のコースを選んだほうがいいと思います。

時間がくればシャワーを浴びて服を着ます。
最初のシャワーは洗体付きで終わりのシャワーはセルフというお店は多いですが、ここは最後のシャワーもちゃんと体を洗ってくれます。しかも念入りに。オイルを使っていないからという事もありますが、股間もヌルヌルした感じが残る事なくさっぱり。

そのまま服を着て、すっきりと帰る事ができました。

日本人風俗エステにしては値段が相当安い部類に入るお店だと思います。コスパは良好。そしてあのマッサージはもう少し受けていたかったくらい。ですので、行くならちょっと長い目のコースを選んだほうが絶対いいです。

日曜日が定休日らしいのでそれ以外の日で。

地域別カテゴリ

→ 全体サイトマップ

今ならアダルト動画が2週間無料で見放題!

見放題ch ライト

2 Comments “梅田 美熟で痴的なご奉仕奥さん

  1. GRAND on 2016/10/01 at 13:35 said:

    今回も参考になります。
    是非行ってみたい。
    描写のエロさにつられます。
    マッサージも堪能したし、、、って
    どちらか少し物足りない方に「もっと~」と思ってしまいますね。
    ありがとうございました。

    • bang_goo(管理人) bang_goo(管理人) on 2016/10/01 at 18:11 said:

      >>GRANDさん
      ありがとうございます。マッサージもそれ以外も結構いい店でしたよ。デリ系のお店にしては安いですし。

コメントを残す

URLを含むコメントは手動承認になります。

Post Navigation

Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!