西中島南方 ローズ(Rose)

今年の夏はやたら暑いと思いつつ過ごしていましたが、8月も後半に入るとなんだか穏やかな気温となってきました。しかしその反面、天気の悪い日が続くこととなり今度は身動きが取りづらくなるというこれはこれで面倒な感じもします。

今回行ってきたのは西中島にあるローズというお店。
場所は西中島南方駅のちょっと北側にあるグリーンビル3階です。
他にもアジアンエステが多数入っているこの界隈ではおなじみの場所。

少し前にホームページのデザインがガラッと変わり、現在では「7月8日完全リニューアルOPEN」なる案内が記載されています。

以前ここは韓国式エステでした。
しかも結構エロい噂話の多かったお店です。

でしたと書いているように現在のローズはその頃と同じ店ではありません。
そもそも韓国式エステですらなくなっており、中国エステ店となっていました。
7月頭のリニューアルオープンの段階で経営者が変わっており、同じ場所で同じ名前でありながら全く違うエステ店になったようです。

実はこの日は久しぶりに韓国エステに行ってみようと思ったのでこのお店を選んでいました。ところが店内で聞こえてくる女の子の声を聞いていると、どうもハングルではなく中国の言葉の様子。そこで施術中に聞いてみたところ上記の事情がわかったという次第。
現在働いているのは中国の女の子のみだそうです。

いわれてみれば料金体系が明らかにチャイナエステのそれ。
韓国エステの場合はもうちょっと高い料金設定が相場です。
メニューの中にアカスリとか足踏みマッサージがない時点でそういえばそうだなという感じ。

さて、この日は日中に梅田界隈での用事を終え、夕方手前の少し日が陰り始めるころに西中島に到着。さっそくローズへ向かいます。
お店はグリーンビルの3階、エレベーターを降りてすぐ左を向くと入り口があります。

お店に入ると左側がトイレ、右手が受け付けの窓口。
ところがその受付の窓口にカーテンがかかっており人がいる気配がありません。
あれ?と思っていると店の奥から小姐が出てきました。

聞いてみると今施術中で一杯だと。
50分くらいあとに来てくれると大丈夫だとのこと。
中途半端に長い時間なので少し迷いましたが、せっかくきたのだからここは待ってみようかと思い予約のような形でその時間にもう一度くる約束をし、一度退店することとなりました。

しばらくネットカフェにでも入ってようかと考えましたが、なにしろ時間があるようなないような微妙な長さです。そこで久しぶりなこともあり西中島をちょっとぶらぶらしながら時間を潰すことにしました。

といっても大して土地勘があるわけでもなく、またこの西中島は歓楽街というほど華やかな町並みでもありませんのでそうそう見て回るようなものはありません。
結局、ひたすら近隣のアジアンエステは何があるのか看板を眺めてまわるみたいな感じになってしまいました。

以前にこのブログの夢来人の記事で書きましたが、大原学園近くにあった老舗の韓国エステニュームーランはもうありません。
そこから通りをはさんで東側には相変わらずさびれたような中国エステの看板がいくつか見てとれます。
あのあたりはなぜか昔から基盤店かタケノコはぎのどちらかだろうというイメージが強く、未だ足を運んだことはありません。

そういえば以前あった花水木という韓国マッサージ店はどうなっているのだろうかと御堂筋線を超え西側まで行ってみることに。
何軒か飲み屋が並んでいる中にあるビルの確か5Fくらいに花水木はありました。
と思ったら今でも普通に看板がでています。

いつの頃からかホームページがなくなっていたので、てっきりお店自体なくなったものだと思っていましたがどうやらちゃんと現役のようです。
なんでホームページがなくなったのでしょう。経営者が変わったのかも。

さて続いて阪急南方駅の南側へ。
ここも駅の裏手にずらっとアジアンエステが入居しているビルが立ち並んでいます。
タイリラックスなども健在。このお店も息が長い。
そのまま東へ歩いて行きます。

浪漫などがあるビルを通り過ぎ、グッドラックのあるビルの前を通ると目に入るのが「リラクゼーションナースエステ エンゼル」の看板。
ちょっと気になってその場で検索してみました。
見た感じあの料金体系ということはそっち系のお店ですね。
このブログの範疇ではなさそうです。

そういえばビッグワンとかも同じビルに入居しています。
長らくこのあたりのお店にはきていなかったので、そのうちまた訪問しなければ。

そしてこのやまよしビルの横にある裏道からそっとのぞいてみるとタイ式マッサージのソンクラーンもちゃんと現役でした。南方ではのタイマッサージではかなりの老舗といっていいお店です。
かつては結構過激なサービスでその名を聞くこともあったお店ですが、当時と違い今では経営者も中身も全然違うものになっているようです。

以前、西中島南方駅にあった時には何度か行ったことがありますが、こっちのビルに店舗が移転してきてからはあまり足を運ばなくなってしまいました。たぶん2回ほどしか行ってないように思います。
しかもそれすら数年前の話。ちょっと懐かしい感じもします

これら以外にも西中島南方界隈の裏通りをうろうろし、いろいろ見回ったものの全然店名とか覚えていないのでそのあたりは割愛。
さらに用事ついでに西中島に立ち寄ったのでこの日は結構な大荷物だったこともあり、50分近く暑い中だらだら歩いているとさすがに体力的に動きたくなくなってきました。

そんなわけで、ちょうど時間もよくなり再びローズへ向かいます。

お店に入ると今度はすんなり通されました。
入り口から真正面に廊下が続いておりその左右とつきあたりに施術室があります。
案内された施術室の中には、真ん中に顔出し用の穴のあいたベッドがひとつ。

施術室へ通されてから今回のコース決めです。
ホームページではサマーキャンペーンとして

  • 60分9000円  → 6500円

  • 90分13000円  → 9500円

  • 120分16000円 → 12000円

この3つのコースがあります。
いつも通り少し長い目のコースとして90分コースを選択。
ところが聞いてみると1時間後に予約が入っており、今は60分しかできないとのこと。
仕方がないので60分6500円を選ぶこととなりました。

この時はできれば90分のほうがいいのになくらいな感じでしたが、あとから考えると60分コースを選んでいてむしろ正解だったなと思います。

お金を払ってコース決めは終了。
ここで案内してくれた小姐より先にシャワーを浴びるかどうか聞かれます。
うろうろしていたおかげでかなり汗もかいていたので先にシャワーを選択。
シャワー室へと案内されます。

部屋に防水の透明ジップロックのようなものがありましたので、これに財布など貴重品をいれて一緒にシャワー室へ持ち込みます。最近はこの手のお店で盗難などの話はあまり聞かなくなりましたが、お互いのためにもこのあたりはちゃんとしておいたほうがいいと思います。

シャワーが終わって体を拭いてると小姐が入ってきて足を拭いてくれました。
そしてそのまま施術室へ一緒に戻ります。
部屋へ入ると紙Tバックを手渡され履くように言われました。

この時点で、あれ?やっぱりここは韓国エステじゃないのかなという気配が濃厚となり、結局このあと直接聞いてみてそれを確信。という流れです。

さて、紙Tバックを履いたあとはうつぶせになりマッサージ開始。
小姐がベッドの頭側に椅子を置きそこに座って最初は肩のマッサージから。
そして肩から首、首から頭へと続きます。

何回かこのブログでも書いていますが、この頭のマッサージは一番好きな施術。
こめかみをグリグリとされその後は順繰りに耳の後ろ、後頭部から頭頂部、頭蓋骨各所のツボを適度な強さで刺激されていきます。

一通り頭のマッサージが終わると小姐は立ち上がり、ベッドの左横へと移動。
ここから背中のマッサージ。背中にかけられていたタオルをどけられます。
そして紙Tバックを下へ引っ張られ半ケツ状態に。

そのままもう一度背中にタオルがのせられ指圧マッサージがはじまりました。
背骨から左右に筋肉を引き延ばすようにほぐされていきます。

それが終わると今度は体の側面から脇腹を握るような形をとりつつグイグイと親指で突くような施術が開始。体に対して真横に圧力が加わるので、小姐が力をいれるたびに体がブランブラン揺れます。リズミカルな振動がなかなか気持ちいい。

終わると小姐が反対側へ移動してきて今度は逆方向に同じ施術が行われました。
それがすむと続いてオイルマッサージへの移行。
普段どこのお店でも90分のコースを選ぶことが多いせいか、このあたりのテンポは非常にはやく感じます。

ふたたび小姐が頭側へとまわってきて肩口より少し下あたりにオイルをたらし、それを背中から腰へかけて、適度な圧力を加えつつ塗り広げていきます。

そういえばこのお店のオイルはあまり体に残りません。
他のお店の場合、特にタイ式マッサージのお店などは、ふんだんにオイルを使いまくる代わりに施術後念入りにシャワーを浴びてもまだ体にオイルが残っている感じがすることがほとんど。

ところがローズではそんな感じはなく、施術後結構さっぱりした状態で服を着ることができました。オイルの種類が違うのか単純に使用している量の問題なのかわかりませんがこれはなかなかいい感じです。

背中一面から肩、腕、指先までオイルとともに筋肉が引きのばされつつ上半身のオイルマッサは終了。軽く背中のオイルを拭き取られ次は下半身へと続きます。

ベッドの足元側へ回った小姐より足を開くように言われました。
うつぶせのまま足を開き、大の字になります。
「シツレイシマス」という声とともに両脚の間に小姐が座る気配。
腰からお尻にかけてオイルがたらされました。

そして下半身のオイルマッサージ開始。
紙Tバックはいまだ半ケツのままです。

お尻の割れ目の両サイドの肉をつかまれ、左右に引き拡げられるように伸ばされます。
上から下まで割れ目に沿って何度も何度もオイルとともに。
お尻の肉を押しつぶすような指圧マッサージや尻タブの部分をグリグリするツボマッサージなどはよくありますが、こうやって筋肉を左右に引きのばす施術はあまり経験したことがありません。

お尻が割り拡げられるたび普段あまり表にでない箇所があらわになり、さらにそこへ多少のオイルも加わっているので外気に触れる都度ちょっと冷やっとした感じになります。これはなかなか珍しい感覚。

しばらくすると臀部の施術が終了したのか、小姐の両手が背後より両脚の間から股間部分へと侵入してきました。
最初はうつぶせになった股間の下で、何がどこに配置されているのか確かめるかのように小姐の両手が動き出します。

やがて位置関係を把握したのか左手に竿が掴まれ、右手に袋が掴まれた状態よりやわやわと圧力が加わりはじめました。包み込まれた玉袋は軽くひっかかれるような優しく握りこまれるような感じで何度も何度も後ろへ引っ張られます。
その両手はずっと股下に突っ込まれているかと思いきや、急にすべてを投げだして引き抜かれ、かと思えばまた侵入を繰り返します。

その感覚を味わうことしばらく。
この工程は終了し、施術は次へと進行していきます。

股間のマッサージから続いては太もも、ふくらはぎ、足首、さらに足の爪先まで下半身のオイルマッサージは続きました。右脚側が終われば左脚も。
これでオイルマッサージは終了のようです。

一通り終わるとあおむけになるように促され上を向きます。
うつぶせのマッサージの時と同じように小姐がベッドの頭側へまわってきて椅子に座りました。

まず最初に上を向いたままのこちらの肩を握り込むようにしてマッサージが始まります。これはかなり親指に力を込めた一点集中型のツボマッサージ。
グイグイきます。

そういえば施術の最初より「痛カッタライッテネ」といわれており、施術中も何度も「強サハダイジョウブ?」と聞かれましたが、強めのマッサージが好みのこちらとして今回の小姐の施術は痛いともきついとも感じません。ほどよい力強さです。

肩が終わると今度は首を両手で包み込むようにしてのツボマッサージ。
元々肩が凝りやすく頭痛持ちの身の上からすれば、この付近に凝りがたまっていたのでしょう。はたからみていると両手で首を絞められているような体勢ですが、非常に気持ちよくその手の動きを堪能できました。

やがて小姐の手は首から離れこちらの胸のあたりへ伸びてきました。
左右の乳首付近をぐるぐると円を描くようにマッサージされたあと、さらにその手はおなかのあたりまで伸びてきて腹部のマッサージへ。

小姐はベッドの頭側に座っているので、お腹付近まで手を伸ばしたその体勢はあおむけになっているこちらの顔に上半身が覆い被さるようになります。
必然的に。

毎度こういった体勢になったときに迷うのですが、こんな時は目を開けていたほうがいいのでしょうか、それとも目をつむっていたほうがいいのでしょうか。
おっぱいあたりをガン見するのも妙な感じですし、かといっても目をつむったままというのもなんだか。
いつも迷いながら結局目を開けたり閉じたりしています。
このときもそんな感じでした。

昔、扇町にあった明明養生館ではこの上半身が顔に覆い被さるような姿勢になって施術をするときに、小姐がトップレスになって行い、かつわざと顔に生おっぱいを押しつけてくれるという施術方法を採用していました。

あのお店は現在もうなくなってありません。
そして今のところあのマッサージ方法を継承している店に出会う機会がなく、いつかふたたび味わえることを願っています。

なおローズはこの場面でも完全着衣だったのでそういったことは特になく。
ただ施術してくれている小姐がそれなりに胸のふくらみが豊かな人でしたので、下向きに重力に引っ張られていることもあり、なかなかの量感をもった盛り上がりが目の前を行き来することとなりました。

しばらくそのマッサージが続いたあと小姐は立ち上がりベッドの側面へ移動。
お腹の上で両手が円を描くような腹部のマッサージは続きます。
その両手がだんだん下のほうへ下がってきました。

下腹部付近まで降りてきた両手は太もも内側へ移動。
リンパを外側へ流すような、揉むというよりは擦るような動きの施術です。
そして太ももからふくらはぎ、足首へとリンパ&オイルマッサージは進行。
右脚が済む次は左脚。こちらもまんべんなく行われ終了。

そして「シャワー行キマスネ」との声。
あれ、もしかしてこれで終わり?と思って聞いてみるとこれで終わりだそうです。
さらに聞いてみると7月にお店が変わってからそっちのサービスは無くなったとのこと。「自分デスルナライイヨ」といわれたものの、それは遠慮させてもらいました。

久しぶりに外れのお店にあたりました。
この料金とお店の雰囲気でまさか無しとは思わなかったので、ちょっと衝撃。
追加料金でどうとか2回目からはありとかいう話もなかったのでほんとにないのでしょう。

マッサージのみであれば健全店で同じ時間でもここの半額くらい。
わざわざ中華エステを選ぶ理由がなくなってしまいます。

とはいっても仕方がありませんので、そこはスパッと諦めそのままシャワー室へ。
施術室へもどってくると少し時間が余っていたとのことで、タイマーがなるまでの数分間マッサージを続けてくれました。

その後は冷たいお茶をもらってから退店。

思い返せば90分コースを選んでいなくて本当によかったと思います。
90分じらされ1万円近い金額を払ってから無しですっていう話になれば帰り道で気持ちの持って行きようがありません。

ここからさらに別のお店に行ってというのもしんどいでしょうし。

さすがにこの店に来ることはもう無いでしょうが、マッサージはそれなりによかったと思います。なんのフォローにもなりませんが。

地域別カテゴリ

→ 全体サイトマップ

今ならアダルト動画が2週間無料で見放題!

見放題ch ライト

4 Comments “西中島南方 ローズ(Rose)

  1. 匿名 on 2015/09/07 at 23:28 said:

    非常に文章がわかりやすく丁寧で良いです!今後も楽しみにしてます。

  2. 基本は和 on 2015/09/08 at 01:44 said:

    いつも丁寧なレポありがとうございます。
    非常に参考になり重宝させてもらっています。
    このお店は私も突撃予定だったので今回のレポ非常にありがたかったです、HPを見る限りでは完全にアリの店だと思い込んでいましたので、ありがとうございました。

    • bang_goo(管理人) bang_goo(管理人) on 2015/09/08 at 10:52 said:

      >基本は和さん
      後から爆サイ等の掲示板を見てみると、7月ごろにこのお店が健全店になったという書き込みがあったので完全に情報不足でした。
      加えてまさか韓国エステですらなくなっているとは思わなかったです。

コメントを残す

URLを含むコメントは手動承認になります。

Post Navigation

Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!